冠動脈疾患について
文字サイズを小さく文字サイズを変える文字サイズを大きく
ホーム > 冠動脈疾患について > バルーン血管形成術  

バルーン血管形成術

治療選択肢:バルーン血管形成術

冠動脈バルーン形成術は、経皮的(皮膚を通して行う)冠動脈インターベンション(PCI)とも呼ばれ、血管造影検査と同様の処置を伴います。専門医は、先端に収縮した状態の小さなバルーンがついた細い柔軟なカテーテル(管)を足の付け根または手などの血管から挿入します。カテーテルを動脈に沿って、血管の閉塞部位に到達させ、その部位を通過するまで進めます。次に、バルーンをゆっくりと膨らませて、アテロームを動脈壁に押しつけます。

この処置によって血管が拡り、再び血液が正常または正常に近い速度で流れるようになります。複数の動脈が閉塞している場合は、カテーテルを移動させて、この処置を繰り返します。血流が回復したら、バルーンを収縮させて身体から抜き取ります。

バルーンを用いる方法

バルーン血管形成術の利点

冠動脈形成術により、胸痛および息切れなど、血管の閉塞に伴う症状が軽減される場合があります。冠動脈形成術は、心臓発作時に、閉塞した血管を即座に開通させて心臓の損傷を最小限に抑えるために用いることもできます。

バルーン血管形成術は、挿入部位の皮膚に小さな切開口を開けて行います。切開口は、縫合する必要がないほど小さくて済みます。

これらの処置は、局所麻酔のみを用いて、鎮静下で施行されます。

バイパス術などの外科的手術に比べると、バルーン血管形成術ははるかに低侵襲でリスクの低い処置です。重大な合併症が起こることはまれです。施術後すぐに通常の活動に復帰できる可能性が大いにあります。

バルーン血管形成術のリスク

バルーン血管形成術後に重大な合併症が生じることはまれです。しかし、少数ながら、バルーンの挿入によって血栓ができたり、動脈が裂けたりする場合があります。このような場合には、緊急バイパス術が必要となることもあります。

カテーテル挿入部位に感染が起こることや、あざができることがあります。カテーテル挿入部位からの出血が激しい場合には、特別な処置を要することもあります。

バルーン血管形成術に伴う比較的まれな合併症として、血管が突然閉塞することがあります。これは、バルーン血管形成術で治療した部位の閉塞で、通常は処置後24時間以内に起こります。これが発生した場合には、薬物療法およびバルーン血管形成術/ステント留置術が必要になることがあります。場合によっては、緊急のバイパス術が必要となることもあります。

再狭窄

バルーン血管形成術で冠動脈疾患が完治することはありません。患者さんの3分の1以上で、医師が再狭窄(バルーン血管形成術後に動脈が再び狭くなること)と呼んでいる状態が起こります。

ステントと呼ばれる網目状の小さな金属製の筒を挿入することにより、再狭窄を軽減することができます。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。