冠動脈疾患について
文字サイズを小さく文字サイズを変える文字サイズを大きく
ホーム > 冠動脈疾患について > ステント留置術  

ステント留置術

治療選択肢:ステント留置術

実寸大ステントステントは拡張することができる網目状の小さな金属製の筒です。ステンレススチールやコバルト合金などの金属でできています。様々な病変にあうよう様々な長さや径のものがあります。

ステントはすでに10年以上にわたって冠動脈疾患の治療に用いられており、数百万の人々の役に立っています。

バルーン血管形成術の場合と同様、小さなバルーンに取り付けたステントを動脈内で拡張し、アテロームを血管壁に押しつけて血流を回復します。

ステント留置術

ステントの種類

ステントには、特別な薬剤が塗布されたものとされていないものがあります:

ベアメタルステント: 薬剤が塗布されていないステント。金属だけでできたステントです。
薬剤溶出型ステント: 薬剤が塗布されていて、じわじわと溶出されます。

ステント拡大図ベアメタルステントと薬剤溶出型ステントのどちらでも、狭くなった動脈を効果的に拡げることができます。しかし、塗布された薬剤が再狭窄(再び血管が狭くなること)を予防する働きをするため、長期間にわたって血管の開存を維持するためには、薬剤溶出型ステントの方がその効果がより長く持続します。

薬剤溶出型ステントにより再狭窄と再治療の必要性(およびそれに伴うリスク)を軽減できる可能性がありますが、薬剤溶出型ステントには別のリスクが伴う可能性もあります。

ステントの利点

ステント留置術では、機械的に血管を支持するため、血管の再狭窄防止に役立ちます。

ステント留置術は、バルーン血管形成術と同様、バイパス術に比べて低侵襲です。このため、合併症のリスクはバイパス術の場合よりも低くなります。

ステント留置後の入院期間はバイパス術後よりも短く、回復期間も短く済みます。

ステントのリスク

ステント留置術は重大な合併症が起こることはまれですが、バルーン血管形成術と同じリスクをすべて伴います。カテーテル挿入部位に感染や大量の出血が生じ、あざができることがあります。その他のまれな合併症として、心臓発作および心臓突然死があります。

再狭窄が起こる様子ステントを留置した場合でも、依然として動脈が再狭窄する場合があります。ベアメタルステントを留置した場合は、15〜30%の確率で再狭窄が起こります(薬剤溶出型ステントを留置した場合では、この割合は低くなります)。再狭窄が起こった場合は、バルーン血管形成術、ステント留置術の再施行またはバイパス術が必要となることがあります。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。