ステントの留置について
文字サイズを小さく文字サイズを変える文字サイズを大きく

ステントの留置について

冠動脈ステント留置の流れ

担当医師は、カテーテルの挿入部位(鼠径部、手首または腕)を決定します。そしてカテーテル挿入部位を洗浄して、局所麻酔で麻痺させます。

血管の閉塞部位の正確な位置を確認するため、血管造影検査を行います。担当医師は、冠動脈造影により治療が必要な閉塞部位を確認した後、冠動脈ステントを留置します。

カテーテル挿入

手術中、何度か胸が痛くなることがあるかもしれません。 これは、狭い血管をバルーンで拡げるため、冠動脈の血流が止まってしまうために起こります。この痛みは通常バルーンの拡張が終了するとなくなります。

ステントを拡張した後、ステントが完全に開いているか、血流がどの程度改善されたか、冠動脈造影によって確認されます。

ステントが完全に留置された後、カテーテルが抜去され、処置は終了です。

注意すべき徴候

手術後、胸に痛みを感じたり、手術前と比べて強いまたは頻繁に不快感がある場合は、直ちに担当医師にご連絡ください。

本サイトの内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。